Abdominal Sonographic Network (ASN)
(旧:腹部エコー症例勉強会(東京))

A
私たち『Abdominal Sonographic Network(ASN)』は腹部超音波検査に携わるみなさまが繋がっていく手助けとなる活動を行っていきます。
これまでと変わりなく、グループワークによる症例勉強会や講師をお招きしての講演会を企画していきます。
より多くのみなさまに参加していただけるよう、オンラインと会場での開催を考えております。
みなさま、今後のASNの活動にご期待ください。


勉強会のお知らせ

第1回 ASN公開勉強会

『腹部超音波検診判定マニュアルとカテゴリー分類について』

 ※ASNでは、会場型の勉強会に際して出来得る限りの感染対策をして開催いたします。しかし、感染リスクをすべてなくすことは難しく、参加されるみなさまにもマスクの着用や手指消毒などの徹底のご協力をお願いします。ご協力が得られない場合にはご参加をお断りすることもあります。
 ☆感染対策に関する要綱を必ずお読みのうえ、お申込みください☆

 ※感染症の流行状況等により会場が使用できなくなった場合は、後日オンデマンド配信での視聴となります

 ※緊急事態宣言が延長または発令された場合は、開催1週間前に開催の有無をお知らせします

■講師:松本 直樹(日本大学医学部 消化器肝臓内科)

■日時:2021年7月4日(日) 10:00〜11:30

■会場:国立オリンピック青少年総合センター センター棟417

       YouTubeによるオンデマンド配信あり(後日)

■募集人数:100名

       ※すべて事前申込制となります

■申込方法:peatixサイトからの申込み   ☆お申し込みはこちらから→

        ※事前にPeatixへの登録が必要となります

■受講料:2,000円(税込み)


 『ASN』記念すべき第一回勉強会は、腹部超音波検診判定マニュアルやカテゴリー分類についてのお話です。

 みなさんは、腹部超音波検診マニュアルを理解し、カテゴリー分類を生かした日常検査を行っていますか?

 今回は、日本大学医学部消化器肝臓内科の松本直樹先生をお迎えして、カテゴリー分類の詳細や検査時の注意点などについてお話ししていただきます。私たちと一緒に詳しく勉強していきましょう。

 ご参加お待ちしています。 


会場型勉強会に参加される方へ◆  感染対策に関するお願い
・当日セミナーに参加される方はマスクの着用、手指消毒、健康チェックシートの記入などの感染症対策にご協力をお願いいたします。また、国立オリンピック記念青少年総合センターでは、入館時に非接触体温計による体温計測を行っております。合わせてご協力をお願いいたします。
・会場では、席の間隔を空ける、換気、消毒液の設置など感染症対策を行いますが、感染のリスクを完全に排除することはできませんのでご了承ください。
・当日体調のすぐれない方、発熱などがある方、感染症対策にご協力いただけない方は出席をお断りします。
・国立オリンピック記念青少年総合センターでは利用者が利用後2週間以内に新型コロナウイルス感染症の診断を受けた場合は、同センターへの届出を義務づけております。当セミナー後2週間以内に、新型コロナウイルス感染症の診断を受けた場合は必ず主催者へご連絡ください。(project.us0905@gmail.com 宛にメールなどでお知らせください)


 ◆◆申込み受付中◆◆

  (定員になり次第受付を終了します)

  ※お問い合わせ project.us0905@gmail.com

  『超音波検査士資格更新単位は付与されません』